Skip to content

初ツアーチャレンジ!「海と山にひとめぼれしちゃう旅」

今年、気仙沼観光コンベンション協会として独自のツアーを企画できるようになったので、この春に日本一のツツジの名所と呼ばれる徳仙丈山のツツジが満開となる時期に合わせて「海と山にひとめぼれしちゃう旅」を企画しました。日本全国から6名の方やイギリス人のお友達1名にも参加頂きました!良い天気にも恵まれて、とても楽しい時間を過ごすことができました!

Day 1

1日目のテーマは「気仙沼の美味しい物」ということで、気仙沼の唐桑半島で牡蠣養殖をやっている”やっくん”に養殖イカダを案内して頂きました。

 

三陸のもまれ牡蠣を完成させるのに、2.5から3年掛かるそうです。気仙沼の漁師たちがたくさんの愛をこめて育てていることがはっきり伝わりました。
成長途中の牡蠣を一度お湯で流します。この刺激によって牡蠣が大きくなるそうです。それから、牡蠣に食付いている他の生物が流されるので、牡蠣がより効率的に栄養を得ることもできるそうです。
お客様のこだわりに従って、成長させている様子も見せてもらいました。それぞれの籠にお店の名前など書かれています。
大きい!さすが、三陸の牡蠣!
ウミネコが中々寄ってこない!
私の隣にいるまゆみさんとは3月に開催されたMINATOの東京の気仙沼会 で出会いました。今回のツアーにお友達のともこさんも誘って、わざわざ東京からいらっしゃいました!
午後は、男山本店さんの菅原社長に酒蔵の案内をして頂きました。
お米、お水、すべての材料やプロセスにこだわったお酒を作っています!
菅原社長とひろき君が、男山本店の「蒼天伝」の説明してくれました。
試飲もできるなんて幸せですね!(^^♪

Day 2

2日目は徳仙丈山!今年はいつもより早く暖かくなってしまい、ツツジは期待していたほど多くはなかったのですが、天気も丁度良くて、気持ちいい山歩きができました。
徳仙丈にある、東北ツリーハウス観光協会の0号「トムの家
ツリーハウス1号「デキタハウス」で東北ツリーハウス観光協会の代表のみちありさんに出会いました。みちありさんから、なんで東北でツリーハウスを作ろうと思ったか、色々と聞かせて貰いました。
イギリス人のロブです。気仙沼に3週間ほど滞在しながら、「観光を通じた地域活性化」の研究しています。
はるかちゃんとアンドレイ君。アンドレイ君は今回で5年ぶりの気仙沼だったので、町の復興の進み具合に大変びっくりしていました。

このような募集型のツアーを企画するのは、私自身としても観光協会としても初めてだったので、色々不安がありましたが、参加者の皆さんが楽しんでいる姿を見て安心しました。

これからも旅を通じて、様々なバックグラウンドの方が交流できる環境を作って行きたいです。 そしてもっとたくさんの人に「ここにきて良かったなー」と感じて貰いたいです!コーディネーターとして改善すべき点がまだまだあると思いますが、 これからも「東北ならでは」や「気仙沼ならでは」の魅力を伝えられるように頑張りたいと思います!

今回のツアーにご協力、お手伝い頂いた皆さんに心より感謝しています!

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です